小林麻央の鼻チューブ点滴や輸血・炎症って?4月の入院はモルヒネを使ってる?

140430_d10793_pinup
イラスト作成/ゆきんこ様 詳細な著作情報は記事最下部。

ブログ更新が緩やかになり、小林麻央さんが再入院されました。
また、公開された写真がかなり衝撃的なものでした。
小林麻央の鼻チューブ点滴や輸血・炎症って?4月の入院はモルヒネを使ってる?
……ちょっと書くのがきつくなってきたかも?

【由真が麻央さんを書き続け競合を憎む理由】
アタシと末期がんのカーチャンと、贖罪の話

スポンサーリンク

鼻チューブと、輸血と…

b39811_icon_9
わりぃ、トラウマのスイッチ入りそう。
あ、由真だ、おっす……。

再入院の後、写真が公開されたな。
ああ、うん、鼻チューブの写真だ。

 

なんだ、アタシさ?
どんだけよそを叩けばいいの?

叩いても叩いてもキリがないんだけど。

レロレロなんとかだっけ?
心配してるようでしれっと写真転載してんな。

転載していい写真とダメなものは考えて欲しいが。
…いや、ホントは転載なんか全部だめなんだがな。

 

まあ、あそこも定期的に書いてるから
味を占めて追跡してるんだろうな。

内容うっすいけど。

…ああ、うん、正直書く前から
トラウマスイッチ入りかけててな?

メンタルやられそうな状態で書いてんぞ。

説明はするけど
相変わらず感情混じりまくってるからな。

 

心無く麻央さん取り上げてるところに
抵抗するつもりで書いてるから、そこは頑張る。

内容的な意味でも、感情的な意味でもな。

んじゃ、いつも通りの説明を一応するぞ。

 

ほじゃ、いつもの説明。

1ページは鼻チューブとモルヒネの話。
2ページ目は輸血と炎症と悪いが自分語り。

今回は以上のような構成だぜ。

今更説明するまでも無いけど
物凄く感情的に書いてるぞ。

感情が文章に出やすい性格はなおんねぇよ。

 

1ページ目どうでも良いって奴は
ここをクリックして読み飛ばしてくれて構わん。

 

 

小林麻央さんの4月の再入院…

鼻チューブはモルヒネなのかな?

もう鼻チューブってだけでさ、
かなり絶望的な思い出が蘇ってくるんだよな。

鼻チューブで輸血とか言っている所もあるが
どうやって鼻から輸血すんだよ…。

頼むから少しでもいいから調べて書いてくれ…。

 

んで、まあ、鼻から
酸素吸入してるんだろうと思う。

もしかしたら胃液とかも吸ってるかもしれんが
写真だけじゃそれはわからんな。

 

ブログに書かれてる輸血・点滴・痛み止めの薬。
んで、鼻から酸素と一緒に入れる薬ってなんだと考える。

アタシの浅い知識と経験則で
行き当たるのは、やっぱりモルヒネだ。

 

…別に効果とか知りたい訳じゃないだろ?
だからアタシはアタシの実体験を書く。

モルヒネは、まあ、医療用麻薬だな。
痛みを抑える最終手段みたいなもん。

名前だけ聞くとすぐに
幻覚とか意識がおかしくなるんじゃね?

…と思うかもだが、その実、そうでもない。

 

スポンサーリンク

モルヒネと母の思い出。

カーチャンが最後に入院して
暫くたってからだっけ…。

まだ余命2カ月弱はあった頃。
7月末に亡くなったから6月の頭くらい。

 

まあ当時は仕事忙しかったもんでな、
流石に毎日お見舞いは行けなかったんだが。

んで、ちょっと久々にお見舞い行ったらさ?
鼻にチューブついてやんの。

カーチャン言ってたわ。笑いながら。
“これ、麻薬やねん”…って。

 

それ聞いた瞬間、
周りの音が聞こえなくなったよアタシは。

それが示すものって何だと思う?
…明確な、終わりの時への足音だ。

 

冗談みたいだろ?

5月の半ばは猫の葬儀に車で行って
庭に遺骨の一部を埋めて手を合わせてたんだぜ。

だから、この時に至るまでアタシって
“また帰ってくるだろ”としか思ってなかったわけ。

ちょっといつもより入院長いな。
…と、凄く楽観的に考えていた訳よ。

 

大分話がそれたな、すまん。

だからさ、モルヒネって
すぐ意識がおかしくなるわけじゃないんだ。

傷みがひどくなるにつれて、
どんどんと量を増やしていく。

増やして増やしていきついた先が、
意識の混濁、右も左もわからない状態だ

 

だから今はまだマシに見えるのは、
少ない量でも痛みが消えてるって事かもしれん。

…多少の高揚の効果もあったとは思う。

不安をあおりたい訳じゃないんだ。
ただ、アタシの経験だけで語るとこうなってしまう。

次のページへ

スポンサーリンク

【スポンサーリンク+関連記事】

9 件のコメント

  • はじめまして。
    毎回拝読してます。経験からの穿ったブログないですからね。
    他のブロガーさんのも読みますが読者の気持ちを煽って…最後に回復をと結ばれてます。そう思ってるかどうかは真意は分かりませんが。
    友人が麻央さんと同じような乳癌の進み具合で亡くなったので、つい乳癌のブログみると読んじゃいます。
    これだけ有名な方だし、アンチもたつぐらいだから関心が集まりますね。医療事務の仕事もしてるので普通の方より耳年増な癌の知識もえられます。或る方はGWから一ヶ月がとても危ないとコードロジーで予測されてます。もう一人の方はご自分の祷りでゆっくりではあるが回復に向かうとブログで宣言されてます。
    いづれは御霊を違う世界に移すこと、一般の方と違い後のご心配もそこまでないだろし、死の受け入れの心構えも大切だろうと思うのです。
    私の弟は義妹が突然亡くなり、幼子二人育てるのに会社をやめ 契約社員になりました。今はもう高校生です。麻央さんの環境で何年も生きたいという気持ちは同じ病になった人なら皆持つこと。アンチのスレで一般の方の奥さまが乳癌になり闘病中だけれども子供もいますよ、麻央さんと同じようなことは経済的にできないってありました。
    私は麻央さんのブログは読みません。upしてくれる他のブロガーさんのを読んでどうも自分の病にしか興味ないんだなぁって、なんか…浅いなぁって思ってしまうんですよ。
    愚痴ぽくなりました、すみません。
    m(__)m私のような偏屈な読み手もおります。
    お気に障わったら消去してください。m(__)m長々と失礼いたしました。
    いいお母様だったんでしょうね。娘にこんなに大事に思われてお母さまお幸せです。

    • 初めまして、コメントありがとうございます。

      経験ないなら無いでいいんですが、
      無いなりにもっと書けることあるだろうと思ってます。

      まあ煽るのは病気系の基本なんですけど。
      …ほんと、やだなあ。

      まあ自分の経験則からでも似たような感じなので、
      正直5月が山場かな、と…。

      実際、麻央さんのブログは浅いし薄いです。
      殆ど日記みたいなものですからね。

      ほぼ自分に起こった事を書いているだけ。
      癌患者が見て勝手に元気づけられてるだけで、
      本人にその意思はそれほどみれません。

      自分の病気にしか興味ないかなと感じる事もあります。
      実際そうじゃないかなあ?

      だから、自分が生きた証を遺したいのかな?
      …と、考察しています。

      ネットに文章を遺せばずっと残り続けます。
      応援コメントもいっぱいつきますし、
      子供がそれを見る事もあるかもしれません。

      お母さんは懸命に生きてたんだなって。

  • はじめまして。
    昨年の6月に父を舌癌で亡くしました。
    癌と判明した時点で、リンパ節転移。
    ステージIII。お腹の筋肉を舌に移植する手術に10時間以上かかりましたが、順調に回復し、一度は社会復帰できました。
    しかし、すぐに再発。癌が気道を圧迫していたので、それから亡くなるまでの2年間は一切口から飲み食い出来ず、喉に穴を開けられて、食事は胃瘻でした。
    ガッチリした体格だったのに、腕や脚は棒のように細くなってしまいました。
    癌が皮膚転移をし、悪臭がとても酷かったです。本人を前に嫌な顔はできません。
    皮膚転移してそこから出血、貧血になり輸血もしました。
    亡くなる2ヶ月くらい前からは、トイレを自力で行えなくなり、オシッコは管になりました。胃瘻は体に負担がかかるようになり、ほぼ水分のみです。
    抗ガン剤も副作用だけで、効果が殆どない為治療は終了。
    しかし、父にはそれを打ち明けることは最後までできませんでした。
    父は看護師でした。治療終了とはどのような意味を持つのか知っているからです。
    なので、主治医と相談の上、本人には抗ガン剤を打ってる事にしようと。「まだ自分は治療できている」と思って貰う事が生きる気力になっていたように思います。
    1ヶ月前くらいから、酸素チューブ。
    モルヒネで意識が混濁。
    3日前から意識不明になり旅立ちました。
    真央さんに奇跡が起こるように願っていますが、自分の経験上、雲行きが怪しくなってきました。
    わたしも鼻チューブはトラウマです。

    • うちは皮膚転移はなかったので、
      悪臭とかはなかったですね…まだ救われていた方なのかな。

      トイレもなくなる数週間前のレベルで、
      オムツなどででしたね…すでに病院で動けませんでしたが。

      うちの母親はもう、何処か諦めていた感はありましたね…。
      自分でも悟っていた感じはあります。

      それでも死の間際はやっぱり怖がっていましたけどね…。

  • よその、書き込みや、小林麻央さん関連の情報は、アメーバ以外本人のもの  と海老蔵さん  しかみておりません

    だから、どうぞ❗どうぞ❗書き続けて頂けたらと  私は思います❗

    好き勝手に❗他所に書かれるだけは  それだけはなんか  私も  嫌です❗

     ゆっくり❗(*^^*)悩まれて、考えられて。。。くださいませ_(._.)_

    続けて頂けると  また  読みに来させて頂きます。

    いつも 有り難うございます❗_(._.)_

    • いつもありがとうございます。

      いかんせん、実体験から書いているのか…
      実体験しているけど淡々と書いているのか…

      それはわかりませんが、
      とにかく許せないので頑張りますです。

  • うちの義兄はスキルス性の腸癌で発覚してから3ヶ月ほどで亡くなりました。
    手術はもちろんしましたが進行しすぎておりお腹を開き人工肛門を付けたのみで癌には何も手が付けれず閉じた状態でした。酸素は亡くなるその日に初めて手術以外で付けました。不謹慎かと思いますが酸素を付けたり輸血したり処置がまだ延命であれ何であれできる麻央さんが、うらやましく思います。義兄は何もほとんどできず亡くなったので…

    • 私としても羨ましいですね…。
      やれることは殆どやっても今の状態か、と悲しいものもあるにはあるのですが…。