capd20161031
    宮月新原作、神崎裕也漫画の『不能犯』が、
    松坂桃李主演で映画化されることが決定した。
    『貞子VS伽椰子』の白石晃士が監督を務め、2018年に公開される。
    出典:ピア映画生活

    Sponsored Link

    [colored_bg color=”light‐blue” corner=”sq”]面白そうに思えますが…[/colored_bg]

     b36401_icon_49「原作知らないけど結構面白そう。
     ダークヒーロー系列結構好きよ?」
     b36401_icon_23「…グロくはないわよね?
     グロかったらちょっと勘弁だけど。
     あ、でも、画像検索したらこれ結構…」

     

     b50704_icon_10「グロいと言うかクる感じはしますね。
     何だか結構鬱だ、とかエロ怖いとか
     そんな感じのツイートがありますのですよ」
     b50704_icon_19「ちなみに元記事では、
     現代版笑ゥせぇるすまんと
     評しておりますね」

     

     b36401_icon_23「ちょっとー?
     喪黒福造さんイケメンになりすぎよー?」

    [icon image=”check3-r”]不能犯について色々と調べてみよう。

    Sponsored Link

    @登場人物を調べてみる。

    「この作品は、現代版『笑ゥせぇるすまん』のような世界観で、
    宇相吹という役は、完全な悪者ということではなく、
    人の欲望や欲求を叶えたりはするけれど、
    そこに対して何かを問いかけていく。欲望を満たすことで、
    その人間にとって本当にそれでいいのかという救いも差し伸べていたりもします」

    出典:ピア映画生活(主演:松坂桃李さんのコメント)

     b36401_icon_49「ああ、確かに笑ゥせうるすまんね。
     人間の業と欲望って深いなーって感じの
     流れになるのかしらね」

     

     b50704_icon_8「主人公は殺し屋で、
     人を殺めたり陥れたりするけれど、
     共感できる部分も多い、とか?」
     b50704_icon_10「ちなみに登場人物は
     全体的に病んでいるそうですよ。
     ああ、だから鬱気味なんですかね。

     

     b36401_icon_49「ざざっと調べた感じ、
     一話限りの登場人物が多いみたいね。
     そんな流れでレギュラーで出ているのが…」

     

     b50704_icon_10「まず主人公の宇相吹正様ですね。
     配役は松坂桃李様となっております。
     殺し屋、とありますね」
     b50704_icon_8「次いで多田友樹さん。キャストは未定です。
     巡査部長さんのようで、下記理由で因縁枠?
     1話からレギュラーみたいですね」

     

     b36401_icon_49「次に夜目美冬さん。キャストは未定。
     多田の元上司で1話で主人公に始末されるわ。
     後の登場は回想のみだけど出るでしょうね」
     b36401_icon_52「むしろきっかけって意味でも、
     1話で亡くなった人物を
     出さない理由はないわね」

     

     b50704_icon_10「最後に瀧真秀さん。キャストは未定。
     精神科医さんのようですね。
     他にも登場人物はいるのですが…」
     b50704_icon_8「原作ではかなり後の登場となりますね。
     前倒しで出てくる可能性も高いですが…。
     あ、女性が少ないですね。故人のみ?」

     

     b36401_icon_49「誰かぶっこんでくるかしら。
     後半の登場人物だと
     それっぽい人もいるみたいだけど」

     

     b50704_icon_10「ちょっと読んでないので
     大それたことは言えませんけども、
     夜目様のお姉様がいらっしゃいますね」

     

     b36401_icon_20「前倒しで出せない事も無さそうね。
     うーん、どうなるのかしら?」

    Sponsored Link

    @前評判について

     b50704_icon_10「期待の声と不安視の声。
     大体、半々ってところでしょうか?」
     b50704_icon_8「元々が、まぁ、バトル漫画でもありませんし
     題材的にはまだやりやすい方に入りますしね」

     

     b36401_icon_49「笑ゥせぇるすまんはともかくとして、
     系列的にはデスノートだとか
     そう言ったものみたいだものね」
     b36401_icon_20「気にされているのは、
     原作のような雰囲気を出せるか、
     …という一点のみね」

     

     b50704_icon_8「みたいですねぇ。トリックにしても、
     出来ない事も無いがやはり漫画、と言う事で
     現実的には厳しいものも多いですし」
     b50704_icon_10「演出次第ではあれですよね。
     原作は華麗に決めていたのに、
     チープになる可能性も?」

     

     b36401_icon_49「その辺は実写化のサガよね。
     予算が無茶苦茶多いって訳でも無いし、
     そこをどうしてくるか、よね」
     b36401_icon_20「ちなみに原作は基本的には
     一話完結みたいな感じみたいよ?
     要はコナン君の始末バージョン?」

     

     b50704_icon_10「嫌すぎる例えやめてください。
     でも、はい、そう言う事ですので
     尻切れトンボにはならないかと」
     b50704_icon_20「ここでオリジナル脚本!
     …とかになりますと、不安の期待値が
     一気に高まりますけれどもね」

    Sponsored Link

    [icon image=”check3-r”]あとがき

     b36401_icon_20「ちなみにジャンルはサイコサスペンス。
     主人公もかなりサイコ入ってるわよ。
     え、これ、実写化できるの?」
     b36401_icon_49「確かにサイコでエロいわ。
     グランドジャンプって事もあって、
     描写も結構クる感じみたいよ?」

     

     b50704_icon_10「基本的に主人公の出番が大半のようなので、
     主演の方の演技力も大いに求められますね」
     b50704_icon_8「主演の方は、割とそう言う方面では
     評判がそこそこある方みたいですけどね」

     

     b36401_icon_49「この記事の反響良かったら調べるかも。
     反響悪かったら調べないわ、現金でごめんね」
     b36401_icon_59「そう言う事でどうしても読んでないから、
     表面掠っただけの薄い記事になるけど、
     こんなところかしらね?」

     

     b50704_icon_8「もしかしたら原作読んでいない方が
     楽しめるタイプの映画かもしれませんね。
     期待値も上がらない事ですし」

     

     b36401_icon_49「そうねぇ。そうは言っても
     ファン層狙い撃ちも必要だと思うから、
     何とも言えないのだけれど…」
     b36401_icon_20「タイトルからして、え?原作あったの?
     …って見てから気付く人もいそうよね。
     不能犯って言葉もちゃんと存在するし」

     

     b50704_icon_8「ですね。最近実写化が増えましたが、
     不能犯はどう転ぶのでしょうか。
     公開は2018年、楽しみにしておきましょう」

    Sponsored Link

     

    【管理人がやってる創作話ch】

    CapD20171001
    YouTubeチャンネルは
    こちら

    【スポンサーリンク+関連記事】