0_70209600_1337330471
    元SKE48・矢方美紀さんが、ブログで乳がん手術を告白されました。
    乳がんと聞くと、駄目とは判っていても気になのるがこの辺ですね。
    矢方美紀の癌の再発や5年生存率は?ステージと余命が気になる!
    ・・・うん。小林麻央さんもまだ記憶に新しいです。

    スポンサーリンク

         

    矢方美紀のが乳がん手術を告白…

    yuma_c5
    おっす、由真だ。ちょっと久しぶり。

    今日、ニュースをさらっと見ていたら、
    矢方美紀が乳がんの摘出手術をした、と。

     

    乳がんと言えば記憶にまだ新しいと思うが、
    2017年の6月の小林麻央さんを思い出す。

    癌と生きる生活つづったあのブログは、
    批判も多かったが一種の伝説となったな。

     

    親をがんで亡くしてるもんだから、
    うちも必死で追いかけてたっけか・・・。

    どんなブログよりも、感情篭めて文章を走らせた。

     

    ・・・で、そうなんだよな。

    小林麻央さんは発見がかなり遅れたのもあったが、
    乳がんで亡くなった事は間違いないんだ。

     

    他に全摘出でパッと浮かぶところは、
    今も元気に活躍してる北斗晶、とかになるか。

    それで、この子はどうなんだって話だな。

    矢方美紀のプロフィール

    b909bc6cad7ea7e7caaec63889420b9f_s
    名前読み:やかた みき
    誕生日:1992年6月29日

    年齢:25歳(2018年4月時点)
    出身:大分県
    活動:2009年~

    元SKE48のリーダーだ。

    2017年の1月に卒業しているが、
    時期的に今回の乳がんは関係ないと思われる。

    正直、卒業以降は余り見なくなっていて、
    一般的にはあの人は今、に近い状況となっていたな。

    スポンサーリンク

         

     

    矢方美紀の現在の病状とは?

    yuma_c5
    基本的にこのブログは私見が多いぞ。
    しかも、キャラクターを借りて喋ってる。

    キャラクターを動かす訓練のつもりで
    こうしている部分もあるからな。

     

    きちっと調べはする。
    とかく、病気関連に関しては相当まじめだ。

     

    ただ、そんな感じなので
    基本的にノリが物凄く独特なのは否定せん。

    付いて来てくれる人だけ読んでくれればいいぜ。

     

     

     

    矢方美紀の進行状態って?

    さて、あくまで医療監修ブログで頭に入れた知識だが、
    一般的には癌って以下のような認識がないか?

     

    “若いほどにがんの進行が早い”と。
    “若いから細胞分裂が活発で進行が速い”と。

     

    ただ、全ての癌がそうでもないみたいで、
    その原因が”低分化腺癌”って奴らしい。

    低分化腺癌は若い世代に発症が多いそうで、
    癌細胞が組織の中でバラバラに散らばっているんだとか。

    発見が難しい上に進行が速いので、
    “若いほどにがんの進行が速い”が成り立つわけだな。

     

    また、がん検診って言うものの30代後半以降が主流で、
    若い世代は行ったことないってのも珍しくはない。

    だから、余計にそう言う認識が強まる事になった。

     

    さて、矢方美紀のステージだが明かされてはいないな。

    ただ、写真を見る限りは痩せている印象もなく、
    手術内容も全摘出で復帰予定も4月16日だ。

    2017年12月に発覚と言うのも差し引いても、
    かなり経過は良好とは思える。

     

    矢方美紀の癌のステージって?

    で、以下のように綴られているな。

     

    「手術後の私は意外と元気でした」ともつづり、痛みは少しあるもののすでに退院したことも報告した。リンパ節も切除したことから「左手が今は肩から上に上げるのが少し難しい感じです」としたが、「リハビリを自分でもすれば、また依然と変わらずになるそうなので、1日でも早く治したいと思います」と完治に向け前向きな言葉もつづった。

     

    リンパ節切除、と書かれている事から、
    ステージ1ではない可能性が高いと思われる。

    1期は全くリンパ節に転移していない状態を指すそうだ。

     

    ここから細分化されていき・・・

     

    脇の下のリンパにのみ転移であればステージ2。

    他のリンパ転移やしこりが表面化していたらステージ3。

    他の臓器に既に転移していたらステージ4。

     

    みたいな考えかたで、大体行けると思う。

     

    「今回改めて、こちらでお話させてください」と切り出すと「去年の12月、私の身体にずっときになる箇所があり、周りの方にも色々と相談をして…。病院に行ってみたところ、『改めて詳しく検査を受けてください』と言われ、その検査の結果で、乳がんだと判明しました」

     

    この、”気になる”って言い回し気が気になるよな。
    表に出て判る感じだったのなら、ちょっと嫌な予感がする。

    判るってのも色々で、触って判るレベルならいいんだが、
    しこりが顔出したり皮膚が崩れたりしていたら、ステージ3の後期だ。

     

    とてもステージを断言する事は出来ないが、
    参考程度に聞いてもらうと助かるぜ。

    スポンサーリンク

         

    矢方美紀の余命や再発、五年生存率は?

    最近は温存療法より摘出が主流だそうだ。

    全摘手術を行うと、再発リスクはかなり低くなる。
    ほぼ再発しない、と言ってもいい。

    だから、生き残るための選択肢としては摘出が正だ。
    そして、5年生存率は以下となる。

     

    ステージ1…99.9%
    ステージ2…95.4%
    ステージ3…80.3%
    ステージ4…33%

     

    ステージ4でも3割が生き残ることから、
    5年生存率はかなり高いのが乳がんとなる。

    ステージ4の様相は見られない事から、
    矢方美紀は”ほぼ大丈夫”と考えていいと思うぞ。

     

    他の臓器に転移していたら何とも言えんが、
    口ぶりを見る限りは再発リスクは低いだろう、と思う。

    癌細胞がリンパに乗って体をめぐっていない事を、
    今もお祈りしていくしかなさそうな感じだな。

     

    あとがき/矢方美紀と乳がんと

    yuma_c2
    うむ、書きたくないとか言いつつ書いてしまう。
    結局、アタシも同じ穴の狢ではあるな。

    こう言った命と病気の話を記事にするのは、
    未だに抵抗があって割切れていなかったりする。

     

    それでも書く理由はなんなの、と言われると、
    自分は真剣に感情篭めて書けるから、だろうか。

     

    身内なくしている上に、壮絶だったもんで、
    今でもトラウマレベルで脳裏に焼き付いてるもんでな。

    話題性だけで書いているようなブログとは、
    違う、とは言いたいところではある。

     

    ・・・同じか。言い訳してるだけだな。

     

    まあ、まとめと言うより自分語りにはなるんだけど、
    矢方美紀は多分早期発見だとは思う。

    ステージ4に差し掛かっていたら、
    もっとわかりやすい変異があると思うぜ。

     

    もしかしたら確実に癌細胞を消すために、
    しばらく抗がん剤治療が続いて激やせするかもしれんが、
    その辺は通過儀礼って事でスルーしてあげてくれ。

    すぐに死を連想するんじゃないぞ。多分大丈夫だから。

     

    では、この記事は以上となる。
    ここまで読んでくれてありがとうな。

    スポンサーリンク

         

    【スポンサーリンク+関連記事】