有賀さつきの死因発表は何?なぜ隠す?病名は癌の真相の理由は?

c0e868b4e055abb390a957109934bb9f
かつらで噂になってから、当ブログでも追い続けた有賀さつきさん。
かれこれ1年半ほど経過しましたが、1つの速報がありました。

有賀さつきの死因発表は何?なぜ隠す?病名は癌の真相の理由は?
・・・割と、普通にショックを受けております。

スポンサーリンク

          

有賀さつきの死因はなに?

yuma_c5
まずは、有賀さつきさんのご冥福をお祈り申し上げます。

 

・・・ふぅ。
いや、ちょっと動揺している。

 

うちな、1年半ほど前に
有賀さつきさんのかつらの件を書いて、
定期的に書き直して、追跡調査してたんだわ。

 

それがこの記事な?

 

記事読んで貰ったらわかると思うんだが、
基本的に癌でであることを否定してた。

もう1年半前の有吉反省会から
激やせだのかつらだの言われてて、
ずっと癌だとか余命だとか言われてたんだわ。

 

告知もしてないのに、
どいつもこいつも勝手を書いて
癌説から余命に行くから腹立ってたわけな。

アタシ、カーチャン亡くしてるから、
全く告知もしていないのに推測だけで
そう言うの言及する流れ好きじゃないんだわ。

 

そりゃ、アクセスは集まるから、
アタシが吠えたところで何も状況変わらんが。

 

でも、結果的にアタシの方が
間違っていたって事になるんだろうな。

何を偉そうに否定してたんだって話。

 

・・・正直な?

アタシの予想が当たっていて欲しかったよ。

 

でも、中途半端に書いてしまったから、
責任もって亡くなった話は書かせて貰うよ。

 

有賀さつきの死因発表は何?

yuma_c5
基本的にこのブログは私見が多いぞ。
しかも、キャラクターを借りて喋ってる。

キャラクターを動かす訓練のつもりで
こうしている部分もあるからな。

 

きちっと調べはするが、
あくまで書き手の創作活動の延長線だ。

 

そんな自己満足な内容で、
基本的にノリが物凄く独特なのは否定せん。

そんな少し緩い空気に
付いて来てくれる人だけ読んでくれればいいぜ。

スポンサーリンク

        

有賀さつきのかつらは闘病だった?

現在、2018年の2月5日の午前4時。

普通のブロガーはスヤスヤ寝ている時間だが、
あいにくアタシは夜型なもんで、起きてた。

 

最初に噂になったのが2016年の秋ごろ。
まだアタシがブログを始めた頃の話だ。

有賀さつきさんが有吉反省会に出演したが、
髪の毛がかつらっぽいって話題になってた。

 

CapD20171004

それが、その時の写真だな。

アタシも普通に視聴をしていたもんで、
何だか妙にペッたりしてるなと違和感報じてた。

どうでもいいけれど、
いの一番にかつら案件を書いたのが
うちのブログだったりする。

 

病気っぽいのとか激やせの話題は
アクセスが集まるもんで、あっという間に競合が書いて、
うちの記事は埋もれて行ったけれどね。

当時、弱小だったしさ。

 

ま、そんな話はどうでも良いんだ。

 

このかつらの噂が当時から真実だったとすると、
少なくとも2年近く闘病していた事になる。

元々の出演がそこまでない人だから、
正確にはいつからかはわからんがな・・・。

 

勿論。2016年の当時から癌説や
余命説は普通にブログ界隈では言われてたよ?

 

でも、アタシは否定してた。
末期ならこんなに動けるはずがない、と。

結局、アタシが間違ってたわけだけど。

 

有賀さつきの激やせ原因は癌だった?

次に話題になったのが2017年の夏ごろ。

有賀さつきがネプリーグに出演して、
髪型がおかしい上に”激やせ”まで話題になった。

その時の写真が、これだ。

 

1280x720-jdE

この時点で余命半年だったわけだな。
確かに有吉反省会の時よりも細くなった気がする。

 

CapD20171004_2

次、2017年の秋の話。
“今、あいつ何してる?”に出演した時だ。

この時はもう足と腕を見たらわかるが、
無茶苦茶細いな。腕とか本気で折れそうだ。

 

こうやって、亡くなった後に見ればわかるんだが、
やっぱり徐々に死相は見えていたのかもしれん。

 

アタシは全力否定していたけど。

スポンサーリンク

       

有賀さつきの死因発表をなぜ隠す?

激やせ・かつら。
連想されるのはがんである。

あたしが初報で記事を書いている時点では、
以下のスポーツ紙の一面が唯一のソースだ。

 

DVNdBuLV4AAlWMn

まあ、隠せてなかったんだろうな・・・。

今の所、これ以外の報が出ていないから、
今は状況からの推測では癌しかないかな、と思う。

 

ネットでも報道出たが、
死因は伏せられっぱなしなんだわ。

 

 

初報以上の情報が出ていない状態で、
親族から最期を看取っていないのが現状だそうだ。

 

しかし、一部の関係者の受け答えから、
病気の事は把握していたようには思う。

状況証拠ではあるが、高い可能性で
病名は何かしらの癌だとは感じr。

 

ただ、ここまでの伏せられっぷりだ。

正味、癌で亡くなっただけで
ここまで隠すケースは今までで殆ど見た事がない。

 

なぜ隠すと言われると、
小林麻央さんの時に生前も死後も

かなり大騒ぎになったのを彼女は見ているから、
それが嫌だったのかもしれん。

 

当時の報道を見ていると気持ちはわかる。
同じアナウンサーってのもあるが、
遺された子供や海老蔵も散々追いかけまわされた。

決してそれは良い意味ではないから、
有賀さつきさんは過剰なマスコミ報道を避けたかったのかもな。

 

ただ、一部で闘病に耐えきれずに
最後は自ら命を絶ったのではと噂もされているな。

根も葉もない噂ではあるので、
聞き流すべき風評だとは思うけどな。

 

有賀さつきががんで激やせする理由

結局、はっきりとは報道されてないんだが、
高い可能性でそうであるから、軽く補足しておくよ。

癌って言うのは厄介な病気なのは既知の通りだと思うが、
その中でも特別厄介なのが”悪液質”という代物だ。

 

単純に言うと、体が吸収しようとする栄養を
癌細胞が吸収してしまう事にある。

当然、吸収されるから体は衰弱し、
最後には体は機能障害を起こしてしまうって訳だ。

 

特に痩せる理由は、栄養不足により
筋肉の低下が主だったものとされる。

 

人間、生命活動には筋肉が必要不可欠だ。

 

腕の筋肉が無くなれば腕動かせないし、
足の筋肉が無くなれば足が動かなくなる。

 

それだけなら寝たきりで済むが、
臓器を動かすのにも筋肉が必要なんだわ。

だから最終的に多臓器不全を引き起こして、
衰弱して無くなってしまうのが癌の”終わり”だな。

 

あくまでアタシの経験談ではあるが、
有賀さつきさんは確かに急死だ。それは間違いない。

 

でも、うちのカーチャンも亡くなる一ヵ月前は
普通に外を散歩くらいはしてたんだよな。

肺転移で息が上がるのは早かったけど、
逆に言えばその程度だった。

 

基本的に容態はやっぱり急変するもので、
有賀さつきさんも急に体調崩したのかもな。

去年年末まで仕事していたとしても、
なんら不思議ではないんだよ、やっぱり。

 

早すぎる死なのは間違いないんだけどさ。

スポンサーリンク

        

あとがき/有賀さつきの死因発表

yuma_c1
書いたときはさ?

ブロガースヤスヤタイム(AM4:00)だから、
死因だとかそう言った記事で溢れる事は無かった。

でもやっぱり午前を過ぎた頃には、
あっという間に死因の記事で溢れかえったな。

 

しかし基本的に、どいつもこいつも
Twitterや緩い推測ばかりでうっすいな。

旦那のこと書いて、水増ししてたりするし。
ほんと、何考えてんだマジで・・・?

 

まあ、私見ばっかりグチグチ書いてる
アタシの記事の方が需要ないのかもしれんけど。

 

ま、それはいつものことなんだけど、
本当に記事書いてる中で
ショックを受けている人は何人いるんだろうな。

 

信じて貰えるかは知らんが、
1年以上定期的に調べていたんでな。

 

アタシは普通に今回の急死は驚いてるよ。
でなきゃ、こんな記事書けねーだろ・・・。

 

ちょっと動転したまま書いてる。

 

で、さ?

 

ショックです、お悔やみ申し上げます。

 

大体、こんな文面を皆は書くけれど、
どうも記事の内容からとってつけた様にしか見えない。

この記事も、そう見えるかもしれないけど。

 

まあ、お悔やみ申し上げますさえ
言わないブロガーも多いから言うだけましなんだけど。

 

この、死に縋るビジネス、本当に好きになれねぇな。

 

だから前からやめたいやめたいと言い続けてる訳だが、
ズルズルズルと続けてるな。更新減ったけど。

 

でもそれでもアタシ、
一応、よそ様とは違った書き方しててさ?

出来る限り感情を込めて書いてるんだけど、
結局同じ穴の狢なんだろうか、読者からみたら。

 

まあ、愚痴っても仕方ねぇな。
いい加減、筆をおくよ。

 

それではこの記事は以上だ。

 

最後に・・・
有賀さつきさんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

       

【関連記事】
有賀さつきのかつらの噂って?(存命の頃の記事です)
母の末期がんの闘病と苦悩について(管理者の経験話です)

 

【スポンサーリンク+関連記事】