a7336c3c42c4f599d7631d575e6ede87_s
    報道スクープSP激動!世紀の大事件IVで伝説の脱獄王こと
    白鳥由栄氏が取り上げられるようです。昔、何度か聞いたこともある気もしますが…
    白鳥由栄(脱獄王)の子供や姉、結婚した嫁の話など!家族いたんだ!
    それでは調査してまいりましょうか。

    スポンサーリンク

    子供心には憧れたもので…

    b39811_icon_9
    昔から何度かこの人は
    色んな番組で取り上げられてるよな。

    子供心には
    ”脱獄”って言葉は色々と
    憧れたもん、なんだが…。 

     b39811_icon_1
    今になって調べてみると
    この人色々とやらかしててな。

    ああ、子供心って
    フィルターかかるんだなと思った。

     

     b36401_icon_40
    やっぱり捕まるには
    色々と理由があるものね。

    そう言う事で個人的にも
    懐古的な意味で興味あったし
    色々調べてみたわ。

     b36401_icon_59
    いつも通り対話式で
    ゆらゆらと語っていくから。

    ダラダラした文章が
    好きな人向けだとは
    先にお伝えしておくわよ。

    スポンサーリンク

    白鳥由栄さんを調べるぞい!

    @簡単なプロフィールと結婚と嫁。

     b39811_icon_6
    ぶっちゃけこの人のプロフなんか
    いるのかって話だが。

    形式的なものだから軽く流しとくぞ。

     b39811_icon_9
    1907年生まれで1979年没。
    享年は71歳だ。

    何度も脱獄を繰り返したことにより
    昭和の脱獄王と呼ばれてるぞ。

     

    b36401_icon_20
    青森県の出身で
    豆腐屋の”養子”らしいわね。

    幼いうちに実父が無くなり
    弟だけは母に引き取られ、
    姉と本人は養子に。

    この漢字から複雑な
    家庭環境は垣間見えているわ。 

     b36401_icon_52
    徐々に素行が荒れていたみたいだけど、
    一応実家の豆腐は継いでいたみたい。

    22歳の時に結婚していて
    嫁や子供(長女)もいたらしいわね。

    その頃に賭博にのめりこんでいたとか
    職を転々としていた話もあって、
    今一つはっきりしないわこの辺。

    確実なのは裏で窃盗を繰り返していたみたいで、
    留置場の常連だったらしいわね。

     

     b39811_icon_6
    その時からたびたびと
    脱獄していたらしいがな。

    んで、本格的にブチこまれるきっかけは
    1933年に仲間とした強盗だ。
    ついに他人の命まで奪っちまった

    その時は逃げ切ったんだがな?

    だが2年後に仲間が別件で逮捕され、
    どうも自首したみたいだ。

    スポンサーリンク

    @脱獄王の初犯と脱獄と。

     b36401_icon_20
    手口について語ってしまうと
    どんどん文章が伸びる上に
    間延びしそうな気がするからね。

    別途その辺は専門サイトへ。

     b36401_icon_52
    元々のきっかけは
    看守の彼に対する扱いなのよね。

    有体に言えば
    ゴミクズみたいな扱いをされたらしいわ。

    だから”腹を立てて”脱獄したわけよね。

     

     b39811_icon_1
    うむ、元々自首の理由が
    仲間が捕まったから義理を通した。

    …って理由らしいからな。
    脱獄する理由は無きに等しかった。

    義理とかそういう問題じゃねえよ
    犯罪すんなよお前って話だが。

     b39811_icon_3
    んで、最初に拘置された
    青森刑務所を脱獄したわけだが
    再逮捕は悪化無かった。

    山で山菜食べて腹壊してる所を
    確保されたらしいぞ。

    脱獄から3日後の話だ。

     

     b36401_icon_17
    脱獄は上手なんだけど
    逃げるのは今一つ下手なのよねこの人。

    こうして再び無期懲役が確定して
    青森刑務所に収監。

    どうも仲間に売られて
    罪を全部被ったと言う噂もあるわ。

     b36401_icon_40
    でも戦争の影響もあり
    度々と移管が続いていてね。

    最期に行きついたのが秋田の刑務所。
    鎮静房と言って昼間でも光が入らないような
    密室みたいな独房だったみたい。

    脱獄例もあったから
    厳重に扱われたみたいね。

    スポンサーリンク

    @こうして脱獄王は脱獄を繰り返し

     b39811_icon_1
    んでその扱いに
    不満を覚えた白鳥由栄は
    再び脱獄を決意。

    入念な下準備の後に
    何とか脱獄を成功させるぜ。

     b39811_icon_6
    上手く逃げ切ったかと思いきや
    脱獄から三か月後。

    彼は移管を繰り返す中で
    恩義を感じていた看守の自宅に
    姿を現し泣き始めた。

    飽きたの悲惨な状況を伝えた後に
    看守とまた自首したそうだ。

     

     b36401_icon_17
    逃げ切ることの難しさか…
    脱獄が目的になっているのか…。

    とは言え脱獄犯が日本で生きるのって
    物凄く難しそうよね。

    無線なのは間違いないだろうし。

     

     b39811_icon_6
    自首後は”悲惨な刑務所”を訴えた
    彼の願いも虚しくな。

    網走の刑務所に移管され
    今までで一番最悪の扱いを受けるぞ。

    こうして拘置から2年後に
    また脱出したわけなんだがな。

    b39811_icon_9
    今回は2年逃げたぜ!

    ほんで昭和21年の敗戦を知って
    なんか命を絶とうとしたらしい!

    なんかこの人素行が悪いけど
    妙に義理堅いって言うのが謎だよな! 

     

     b36401_icon_20
    今と昔では
    愛国心も違うだろうけどね。

    でも米兵に媚びを売る女性の姿を見て
    命を絶つのがアホらしくなったそうよ。

    それで暫くしてスイカ泥棒と間違えられて
    こん棒で殴られると言う事態に陥るわ。

    この時に正当防衛として
    相手の命を奪ってしまったらしいの。

     

     b39811_icon_6
    正当防衛を主張したものの
    脱獄の話もあってあえなく死刑判決。

    札幌刑務所に収監され、
    撃っても良いと言う指令も出ていたらしい。

    でも今回は訴えが通らなかった事もあり
    最初から脱獄を決意していたそうだ。

     b39811_icon_9
    経緯省いて悪いが、
    勿論脱獄は成功したぜ。

    これが彼の最後の脱獄となるな。

    スポンサーリンク

    @脱獄王・白鳥由栄のその後と家族や子供の話。

     b36401_icon_20
    昭和23年、彼は職務質問を受けて
    “警官の態度がよかったから”自首したわ。

    この人スイカの時以外は
    基本的に自主なのよね。

    この時の再判決で
    死刑も覆されて懲役20年となるわ。

     b36401_icon_40
    その後府中刑務所に収監され、
    “普通の囚人”としての扱いを受けたわ。

    彼が脱獄する理由って
    毎度”不満”であったのよね。

    だからこれ以降はもう脱獄はしないどころか
    模範囚となったらしいわね。

     

     b39811_icon_6
    その後昭和36年の仮出獄ののち、
    昭和48年に青森に帰るぜ。

    結婚していたが
    囚人の時に離婚していてな、
    家族とは別離していたらしい。

     b39811_icon_9
    だが家は突き止めたらしくてな、
    長女が洗濯物を干している姿を
    遠くから眺めながら晩年は過ごしたそうだ。
    最後まで声はかけなかったそうだぜ。

    また、仮出獄アパートの隣に住んでいた
    5歳の少女を可愛がっていたらしくてな。

     

     b36401_icon_20
    昭和54年に彼は心筋梗塞で
    71歳で亡くなるんだけれど…。

    娘のように扱ってくれた彼に
    当時の少女は恩義を感じていららしくてね。

    遺骨は少女の家族の墓所に
    葬られたらしいわよ。

    スポンサーリンク

    あとがき/義理固くはあるけれど…

     b36401_icon_40
    美談に聞こえるし白鳥さんが
    義理堅いようにも思えるけれどね。

    きっかけは紛れもなく
    彼がおかした犯罪だとは
    忘れてはいけない所ね。

     b36401_icon_40
    決して美談ではないのよ。

    自分のためには
    脱獄しなかったとは言うけれど
    これ、只のエゴだからね。

    犯罪者であるのには変わらないの。

     

     b39811_icon_6
    うむ、そこは忘れてはならんな。

    また彼が脱獄を繰り返したことにより
    脱獄犯も急増したそうだしなあ。

    ただ”不満を訴えるため”に
    脱獄し続けたおかげで刑務所の
    囚人に対する扱いが見直されたのも確か。

    そういう意味では
    歴史を変えた人でもあるぞ、とな。

     

    b36401_icon_20
    こんなところかしらね。

    今読みなおすと冷静に考えられるけど、
    子供心には突き刺さるわよね。

    かっこいいって。

    記憶に微妙に残っていた理由が
    はっきりとわかったわ。 

     

     b39811_icon_9
    うむ。
    ダークヒーロー的な何かだな。

    んじゃ、そういうことで
    脱獄王の話は終わりだぜ!

    ここまで読んでくれてありがとな!

    スポンサーリンク