53f2f6cf00adb356e0e510df997cd2c2
    野際陽子さんが肺がんで闘病中であると
    週刊誌で報道があり、皆が容体を心配していました。
    野際陽子の肺癌闘病と死因について!
    モルヒネ投与の意味は?
    でも、やはり…厳しかったようですね。

    【癌で母を亡くした由真の話】
    母が末期がんで逃避した情けない人間の話

    スポンサーリンク

    【追記2017年6月15日】
    野際陽子さんが死去されました…。

    yuma_14
    2017年6月15日…
    肺がんでご逝去されたそうだ。

    ……まずは黙とう。
    何はなくとも、読む前にお祈りして。

     

    ……。

     

    野際陽子さんのご冥福を
    謹んでお祈り申し上げます。

     

    他所のへカウンターのつもりで
    緊急入院の時に書いたこの記事だったがな…。

    気が付いたら、検索でも上位だったみたいだ。

    だから、今現在もこの記事はアクセスが伸びているけど、
    正直全く嬉しくないよ。こんなので伸びてもな。

     

    以下はご生前に書いた記事となる。

    緊急入院が発表された当時の記事だ。
    そのままにしておくから、興味ある人は読むと良い。

     

    スポンサーリンク

    野際陽子さんが肺がんで闘病中

    yuma_15
    おーす、由真だ。

    まあ、書こうかどうか迷ったんだけど、
    小林麻央さん記事に固定層が多い現状だ。

    気になる人も多いかなって。

    相変わらず失礼なタイトルの付け方で
    そこは本当に申し訳ない。

    まあ、こうもせんとそもそも
    入口が無い状態だし許して…と言うのも言い訳か。

     

    また、末期のがんの闘病中の
    野際陽子さんの事をこうやって調べてしまう事自体が
    とても駄目な事だとは承知している。

    本当に申し訳ありません。

     

    でも、後述するがあまりに
    PV目当てで
    適当に書いている所が多すぎてな。

    まあ、いつも通りと言えばいつも通りだが、
    やっぱウチも書いておこうと思った次第だ。

     

    野際陽子さんの病状について

    yuma_13
    あくまで医学知識ゼロの奴の話だ。
    経験談こそあれど、アタシはプロではない。

    そこんとこ、まあ、ご了承頼む。

     

    野際陽子さんの余命はどうなるの?

    実際の所、肺がんの末期で
    緊急入院としか明かされていなくてな。

    しかも、”やすらぎの里”に出ていたが
    特に痩せたとかそう言う噂も無かったりする。

     

    しかし2年も前から肺癌を患い、
    一時落ち着いたものの去年に再発。

    長い時間、野際陽子さんも
    癌に抗い続けていた事になる。

    元の年齢が高いし細身なのもあってさ?

    癌の一番の特徴である”激やせ”が
    噂されてなかったのがここまで
    気づかれなかった要因かな、と感じた。

     

    まあ、つまり出ている情報は少ない。

     

    “緊急入院””容体が突然の悪化”から
    結構悲観的な内容が連鎖はしているな。

    その中に1つ、こんな文言があった。

     

    「5月下旬ごろに入院されたようです。
     それまでは元気に撮影に臨んでいましたので、
     本当に急変だったのだと思います。

     なんでも痛み止めのモルヒネまで
     打っているという話ですから、心配ですね」

     (前出・テレビ局関係者)

     出典:週刊女性

     

    どこまで本当かはわからん。

    テレビ局関係者がどうしてそんな事を
    知っているんだって話だしな。

    マスコミ特有の
    発言の都合のいいところだけ

    抜き出したって奴の可能性もある。

    ただ、“モルヒネ”を使っていると前提を置いて、
    今回はちょっと話をしようと思う。

    スポンサーリンク

    モルヒネの副作用と作用って?

    “一般的”にはもう治療も厳しい状態で
    打つ手が亡くなった時に使う、みたいなイメージがある。

    まあ、実際もそれに近い。副作用もキツいしな。

    蛇足だがご指摘いただいたので、
    モルヒネの副作用について追記しておく。

     

    モルヒネってさ?
    すぐ意識がおかしくなるわけじゃないんだ。

    痛みがひどくなるにつれて、
    どんどんと量を増やしていく。

    増やして増やしていきついた先が、
    意識の混濁、右も左もわからない状態だ

    どうも頭がふわふわして、眠気に近い感覚
    常に襲ってくる状態になるらしい。

     

    経験者の日記的なものから拾ってきたが、
    “痛みに対してどうでも良くなる”と言った感じだそうだ。

    眠気が勝っているといった感じだな。

    つまりそんな状態にあるわけだから、
    “感覚が鈍っている”に近いんじゃないかなって?

    副作用というか作用に近いかもしれん。
    どちらにせよ、量を増やせば怪しくはなる。

     

    一般的な副作用と言えば
    呼吸が浅くなったり、依存が出たり、
    譫妄や錯乱なども起こり精神的に不安定になる。

    量によっては息苦しくもなれば、
    大腸炎を悪化させたりもする。

    癌が大腸に移転していれば、
    大腸の状態の芳しくない可能性が高い。

     

    故にリスクとしてはかなり大きい。

    煙草と比べれば、とかご指摘いただいたが、
    そもそも比べるってなんなのって話だと思う。

    煙草より軽ければいいのか?

     

    じゃあ、モルヒネで最終的に
    前後不覚でヘロヘロ幼児化してた

    うちのカーチャンはなんだったんだ?

    これで、キツくないって言うのか?

    もうちょっとちゃんと調べて
    実経験も聞いてからご指摘して欲しい。

     

    ともかく、詳しくはモルヒネで調べてくれ。
    書ききれないほどあるからな、副作用。

     

    モルヒネ投与は余命に影響するのか?

    ただ、モルヒネ自体は余命を縮めるものではない。
    只の超強力な鎮痛剤の一つ、だからな。

    あくまで命を左右するのは癌の機嫌と進行状態。

    副作用が意識にまで影響してくるから、
    その辺に関しては如何ともしがたい所だが。

     

    また、投与方法にも色々あって、
    うちの小林麻央さん記事を読んだ人なら
    何となくは覚えているかもしれんが…。

    ・内服
    ・座薬
    ・点滴

    …が、あるぞ。
    小林麻央さんは座薬だったな。

    下に行くほど投与の間隔が短くなり、
    余命が厳しい状態にはなると思う。

    頻繁に使用しないと”痛み”が厳しい状況だからな。

     

    さて、先ほどの証言を信じるのであれば
    “痛み止めのモルヒネを打っている”との事だ。

    要は点滴か皮下注射のパターンになる。

     

    数日前まで元気に動いていた人が、
    容体が急変し急に厳しくなる事もあるのが癌だ。

    徐々に衰弱のイメージがあるとはいえ、
    急変→そのまま逝ってしまう話もよく聞く。

    だから、先日までドラマに出演していた彼女が
    急に厳しくなっても、それは不自然な事ではない。

     

    全て、実際ここで小林麻央さんを書き続けて
    読者から頂いた実経験のコメントがソース。

    でも、嘘をつく理由もないから
    コメントに関しては信じたいと思っているぜ。

    スポンサーリンク

    報道から遅れて書きましたが…

    CapD20170614_2

    まあ、いつも通りこのように溢れているぞ。

    一番最初に言っていた通り、
    とにかくPV集めようと必死な人たちの図だ。

    小林麻央さん関係でも
    良く見る所が、一番上にいるな。

     

    死の予約をしている所もあるし、
    お決まりのステージや余命で書いている所もある。

    肺癌だから煙草を連想して記事を書いてる所も多々。

    ……まあ、常套手段だよな。
    うちもやっているし、強く攻められる立場ではない。

     

    でもうちみたいに、少ない情報で
    経験談踏まえつつまともに考察している所は
    1つも無い、とだけ言っておく。

    プロフィールや出演情報や引用で
    文字数を誤魔化している所、ばかりだ。

    要は、完璧にアクセス目当て。
    伝えたいと思う気持ちはないに等しい。

     

    “癌”と向き合う事も無くさらっと調べただけで
    書いているような軽薄なブログが多いってことな。

    “命”に対してマネタイズするなら、
    そう言った姿勢は本当にどうかと思う。

     

    まあ、いくら綺麗ごと言っても
    同業は誰も聞き入れてはくれないんだけどな。

    そんなもんだ、トレンドブログ業界。

     

     

    「良い人生だったのかなあ…?」

    あとがき/野際陽子さんはもたない?

    yuma_14
    モルヒネ投与が本当なのであれば、
    予後は厳しい、とは思うぞ。

    少なくとも日本では、癌においては
    治療が厳しくなった患者に投与するのが一般的。

    ただ、例外もあるにはある。
    それが以下に述べる“可能性”だ。

     

    仕事に復帰したいからという理由で
    野際陽子さんがその範疇から外れている可能性もある。

    “強い痛み止め”の効果として使用して、
    無理矢理仕事に出てくる可能性も無きにしも非ずだ。

    “やすらぎの里”に出演中だしな。

    ただ、最初に言った通り
    日本でこの事例は
    非常に少ないと言っていい。

    特に”打つ”となれば
    終末期の痛みを和らげるのが自然な使い方。

     

    そして入院時期も5月の末で、
    すでにその状況で二週間が経過している。

    …正直、何とも言えん。

     

    アタシさ、小林麻央さんの記事では
    散々言ってるんだけどもな。

    神に祈っても奇跡を信じても
    裏切られるのを経験しているからこそ、

    安易に“奇跡”とか”頑張って”とか”大丈夫”とか
    そう言った類の言葉、使いたくないんだ。

    今出ている数少ない情報が真実であれば、
    とてもじゃないけどアタシはその言葉を使えない。

    そう言う事から察して欲しいと思う。
    こんな、とこかな…。ごめんな。

     

    闘病中の野際陽子さんの病状を
    探るような真似をして、本当に申し訳ありません。

    ……では、今回は以上だ。

    【やすらぎの郷】
    野際陽子の代役について考えてみる。

    【癌で母を亡くした由真の話】
    母が末期がんで逃避した情けない人間の話

    スポンサーリンク

     

    【ほぼ毎日動画追加中!】

    CapD20170712
    YouTubeチャンネルは
    こちら

    【スポンサーリンク+関連記事】