2556449726_3c4742deb4
    たまにはほっこりするニュースを、と言う事で
    上野動物園のパンダちゃんが妊娠兆候にあるとのことです。
    上野動物園のパンダの妊娠はいつわかる?妊娠兆候あるが出産いつ?
    そう言う事で、さくっとほっこりいたしましょう。

    スポンサーリンク

    パンダおパンダ。

    yuma_6
    おっす、由真だぜ。

    劣化だ病気だ浮気だのニュースに
    ちょっと病み始めたからたまにはこういう話も。

    なんか、上野動物園のパンダに
    妊娠中の兆候が見えているそうじゃないか。

     

    えっと、名前はシンシンだっけか。
    なんか2月くらいにも交尾しただとか
    ちょっと話題になってたよな。

    で、知っている人も多いと思うが
    毎度毎度噂になるのにも理由があってな。

     

    パンダって無茶苦茶繁殖難しいらしいんだわ。

     

    アタシもその辺は何となく聞いたことあるが、
    “何故?”まで詰めたことなかったんでな。

    ちょっとその辺を今回は調べてみたから、
    ついでに記事にもしてみるぜ。

     

    んじゃ、よろしーく!

     

    上野動物園のパンダのシンシン

    yuma_6
    さて、始まりは2017年の2月。
    珍しい時期にシンシン(雌)に発情の兆候が見られたとか。

    丁度その頃、リーリー(雄)も発情していたらしくてな、
    同居させたところ、2月27日に三度の交尾が確認されたらしい。

     

    どうしていつもニュースになるの?

    発情してるんだから当たり前だろと思うかもだが、
    ジャイアントパンダって発情期は
    限られたタイミング
    しかないそうだ。

    交尾期においては一年に一度。
    草食系は伊達じゃないくらい草食系。

     

    特に飼育下における雄は10%しか繁殖技術を持たず、
    中々交尾することもないそうだ。

    理由は様々だが、運動量が少ないから
    生殖能力が低下しているのでは? …と言われているらしい。

    巷では性欲の無い男性をパン旦那とも呼ぶそうだぜ。

     

    これが野生だと状況は多少マシになるそうで、
    野生だと雌は何匹かの雄と交尾ができる状況だ。

    しかもパンダの出生率
    “気に入った相手だと”上がるとも言われている。

    野生だから雄は争うわけだし、
    雌も”強いパンダと交尾する”状況になるよな。
    それがお気に入りになるかはわからんが。

     

    で、争いにが終わればまた別のメスを探しに行く。
    そう言った環境はパンダの雄の自然な繁殖能力らしい。

    残すために、奪い合う。野生は厳しいもの。
    だからこそ研ぎ澄まされるのかもしれない。

     

    でも、飼育下におけるパンダの雄は
    どうも本能を学習と言うか目覚めない事が多いらしい。

    切羽詰まってないし、充分生きられるからな。
    欲しいものはすべて人間が与えてくれるもん。

    で、なんかカラダまで適応しちまうそうで、
    無精子状態の雄も珍しくないそうだぜ?

    …なんか人間のせいで退化しちまってんのかな。

     

    このように、妊娠自体が凄く珍しい事であるから
    ニュースになりやすいってのいは納得がいったかね?

     

    スポンサーリンク

    妊娠はいつわかる?出産や期間は?

    妊娠期間はかなりムラがあって、
    80日~200日と大手メディアでは報道されているな。

    また、妊娠の確認は非常に難しいとの事で、
    早ければ今月末に産まれるのに未だにわからないらしい。

     

    兆候出てるんだからわかるんじゃないの?
    …と思った読者さん、パンダはそうもいかないんだ。

    やっこさん、偽妊娠するんだわ…。

    それも珍しい事ではなくて、
    そのたびにいつも一喜一憂している気もするよな。

    人間でも偽妊娠ってのはあるが、
    あれはカラダが妊娠したと思い込んでるからだっけ?

    ごめん、ちゃんと調べてない。
    でもパンダも交尾したから似たような感じに陥るのかねえ。

     

    で、話を戻すけど交尾確認されたのが2月27日。

    大体3月の頭だと考えると、
    確かに5月の末で80日前後になるな。

    だから出産は早ければ今月末、うん、辻褄は合うよな。

     

    ちなみにシンシンの妊娠は二回目だそうで、
    前回は103日後に雄の赤ちゃんを産んでいるそうだ。

    ……だがなあ。

     

    あとがき/産んでからも大変

    振れるべきかどうか迷ったが振れておく。
    前回のシンシンの子供、出産から6日で亡くなっているんだ。

    理由は育児放棄でなくて肺炎だった。
    確か亡くなっていた時は上野動物園も叩かれていた気がするな。

     

    出産直後は保育器に入れていたが、
    健康状態が回復したため赤ちゃんをシンシンに戻したんだと。

    で、放棄するわけでも無くてシンシンは母乳を飲ませたんだが、
    母乳をのどに詰まらせて呼吸不全で肺炎を起こしたらしい。

    母親に戻す判断がまずかったのではないか?
    ……と、叩かれていた訳だな。

     

    ちなみに初産では6割~7割の子供が亡くなるらしい。
    低い出生率を越えてこれとか、ほんとやってられんよな…。

    だからこそ、貴重な扱いではあるんだが。

    今回はシンシンは初産ではないんだが、
    どうなるか気になるところではあるよな、と思う。

     

    ともあれ、まとめてみるとパンダってホント大変。

    ①オスの生殖能力が極端に低い
    ②発情期や妊娠可能期間が異様に短い
    ③妊娠したかと思うと偽妊娠の可能性
    ④初産は7割が亡くなる。

     

    よく絶滅してないな、と本当に思う。
    今回は赤ちゃん元気に育って欲しいよな。

    お祈りして今回の記事は終わり!
    ここまで読んでくれてありがとうな!

     

    …あれ、結局ほっこりしたかこれ?

    スポンサーリンク


    【動画ニュースもやってます】
    douga2

    【スポンサーリンク+関連記事】