capd20161110_1
    和歌山県すさみ町で、イセエビ漁の網に
    ウモレオウギガニが引っ掛かっていたと話題になっているようです。
    スベスベマンジュウガニに似ていると言う話もありますが、
    毒性がちょっと気になりますので調べてみましょうか。
    ウモレオウギガニ(和歌山すさみ沖)の毒は?wikiが無くて気になる!
    以上、緩く調べていきましょう。

    Sponsored Link

    [colored_bg color=”light‐blue” corner=”sq”]禍々しい見た目だぁ[/colored_bg]

     b71910_icon_14
    食べろと言われても
    食べないよこんなもん。
    見た目からしてアウトじゃん?

     

     b31622_icon_25
    いや、でもウニとか
    納豆とか食べちゃう悪食日本人なら
    蟹だーって感じで食べるかもですぅ。
     b31622_icon_147
    イセエビの網に引っ掛かってたみたいだけど、
    これ、イセエビも大丈夫なのかなぁ?
    …って、ちょっと気になりますねぇ。

     

     b71910_icon_6
    だよねぇ。本来鹿児島より
    南にしかいないらしいけど、
    どうして流れてきたのかな?
    b71910_icon_5 
    ま、とりあえず
    どんなカニか調べてみようか?

    Sponsored Link

    [icon image=”check3-r”]ウモレオウギガニってすごい名前。

    @どんなカニなのかに?

     b31622_icon_115
    ウモレ・オウギ・ガニでいいんですかねぇ。
    そう言う事で今回問題になってる
    カニさんでございますねぇ。
     b31622_icon_147
    結構マイナーなもので、
    今現在wikiは無いけれど、
    一部解説しているサイトがございました。

     

     b71910_icon_6
    体内には神経毒の
    テトロドトキシン・サキシトキシンを
    大量に含んでいるらしいよ。
    カニとしては最強の毒性を持ってるって。
     b71910_icon_14
    何か聞いた事あると思ったら、
    テトロドトキシンって
    フグとかにも入ってる毒じゃない?

     

     b31622_icon_115
    実際鹿児島よりも南では
    稀に捕獲されるらしくて、
    実際に食べて亡くなった例もあるみたい。
    b31622_icon_106 
    はるか南、奄美大島の方で
    このカニを味噌汁にぶっこんで、
    5人家のうち2人が亡くなったとか。

     

    b71910_icon_4 
    ひえっ、きっついなぁ。
    一応甲羅に毒が染み出す事も
    あるみたいだけれど、
    口に入れなければ大丈夫みたい。
     b71910_icon_14
    体高は多くても9cmくらいみたい。
    触れるくらいならいいけど、
    変なものを触った後は
    必ず手を洗いましょうと言う事で…。

     

     b31622_icon_147
    イセエビの網に紛れてたら、
    念のため一緒に取れた伊勢エビは
    廃棄処分したりするんですかねぇ。
    しみ出してるなら怖いよね?

    Sponsored Link

    @似ている蟹はいるのかに?

    f0166297_12205452

    b31622_icon_115 
    似ていると言えばこの方。
    スベスベマンジュウガニ。
    フルネームは知らない人も
    多いと思いますけどねぇ。

     

     b71910_icon_6
    スベスベしてて無害そうだし、
    なんだか可愛い名前だけれど、
    日本でも広範囲に生息している
    一番ポピュラーな毒蟹さんだよ?
     b71910_icon_3
    千葉県から沖縄県まで広く分布。
    なんだか見た事あるような気もするけど、
    みんなあんまり気にしてない系だね。

     

     b31622_icon_25
    別名タンクガニとも呼ばれてまして、
    釣り餌としてもポピュラーだそうで。
    見てみると今回の毒蟹とは
    あんまり似ていない気もするけど、
    おなじオウギガニですねぇ。
    b31622_icon_106 
    毒成分も量が違うだけで、
    殆どが同じみたいですよぉ?
    個体によって大きく毒の主成分や
    量が違うらしくて、
    食べると一発で昇天しかねない
    毒を含む個体もいるとか?

     

     b71910_icon_6
    ウモレオウギガニもそうなんだけど、
    基本的には暖かい海域にいるみたい。
    …と言う事は温暖化で
    生息域が広がる可能性もあるんだね。
     b71910_icon_1
    ただ、さっき個体によっては
    ヤバイと言ったけど、
    今の所亡くなった報告はないんだって。
    まあ小さいしね、沢蟹とかを
    揚げて食べてみるような人しか
    食への興味は行かないと思うよ?

    [icon image=”check3-r”]あとがき/実は初めてではない。

     b71910_icon_14
    見つかったのは2011年以来で4例目だって。
    サンゴ礁とかに本来生息してて、
    今回イセエビ網に
    たまたま引っかかったって事だから、
    本当はもっといるのかもね?

     

     b31622_icon_106
    過去見つかった例もあって、
    しかもたまたま、ですからねぇ。
    ぱっと見、海中に歩いてる
    小さいずんぐりむっくり蟹なんか
    気にしないからねぇ?
     b31622_icon_147
    もしかしたら既に
    結構生息域が拡がってるかも、
    …とも、思わないでもないですねぇ。

     

     b71910_icon_6
    とりあえず口に含まない限りは大丈夫。
    ……と言われてるわけだし、
    ハサミで引っ掛けられても大丈夫かな。
    …なお確証はないので、
    ずんぐり蟹には触れないようにね?

     

     b31622_icon_106
    大きくて9cmのカニですしねぇ。
    こんな小さな蟹なんだから
    とにかく食い意地厳禁ですよぉ?
    一応お子様とかにもご注意ですかねぇ?
    甲羅にしみ出した毒に触れた手で
    指舐めちゃったりすると危ないかも?

     

     b71910_icon_4
    子供は好奇心旺盛だからねー。

    Sponsored Link

     

    【ほぼ毎日動画追加中!】

    CapD20170712
    YouTubeチャンネルは
    こちら

    【スポンサーリンク+関連記事】