enn1108050943005-p2
    金スマで古舘伊知郎さんが
    逸見政孝さんについて語っていくそうです。
    彼の癌告白は衝撃的でしたが、
    今一度、噂を振り返ってみましょうか?

    Sponsored Link

    逸見政孝さんか…

     b50704_icon_10「懐かしいですね…。
     …と言っても、亡くなった時は
     物心つかない頃くらいでしたけども」
     b50704_icon_8「それでもショーバイショーバイで
     司会をしていた姿は、強く覚えておりますよ。
     まさにアナウンサーって感じでした」

     

     b36401_icon_49「逆にそれしか知らないけれど、
     癌で亡くなったという記憶だけは覚えてた。
     それで、今になって…」
     b36401_icon_49「改めて、調べてみたのよ。
     そうしたら、気になるワードが
     一杯あったのよね」

     

     b50704_icon_10「それは、誤診と言うワードでございました。
     何やら不穏な空気でございます」

     

    Sponsored Link

    逸見政孝さんの噂を調べる。

    @誤診の噂について

     b50704_icon_8「彼は1993年、48歳。
     スキルス胃がんで早世されました。
     当時の衝撃は非常に大きかったです」

     

     b36401_icon_49「原因としては様々なうわさがあったわ。
     ヘビースモーカーでもあったしね。
     まぁ、それはif話だけども…」
     b36401_icon_52「発見の時点で末期で、
     1年も生きられない、と言った
     会見を行っていたのも記憶に新しいわ」

     

     b50704_icon_8「当時は今ほど抗がん剤も発達しておらず、
     今以上に絶望的な診断となりました」
     b50704_icon_10「それでも彼は
     最後まで抵抗をつづけ、

     3度の手術を行っております」

     

     b36401_icon_52「結局誤診と言うよりは、
     その3度の手術に関して、
     今でも賛否両論みたいなのよね」

     

     b50704_icon_10「経緯も含め、でございますが。
     そう言う事でまずは

     手術について調べてみましょうか」

    Sponsored Link

    @一度目と二度目の手術について

     b36401_icon_49「一度目。93年1月、彼は前田外科医院を
     定期検診もかねて受信するわ。
     原因は胸のみぞおちの痛み、らしいわね」
     b36401_icon_52「この時の診断は、
     位に初期の癌細胞を発見したから、
     手術すればすぐに完治すると言われたそうよ」

     

     b50704_icon_10「この時点である意味では誤診なのですが、
     手術後に初期の癌では無かったことが発覚、
     末期がんであることが奥さんに告知されました」
     b50704_icon_8「初報では十二指腸潰瘍である、と
     偽りの会見を行っておりましたね」

     

     b36401_icon_49「術後は暫くは順調だったけど、
     5月ごろに術後に執刀した部分が
     ケロイド上に晴れ上がったそうなの」
     b36401_icon_49「それは服を着るのにも邪魔になるレベルで
     膨れ上がっていたそうよ」

     

     b50704_icon_10「それで、ケロイド上の突起物を
     除去すると言う名目で8月において
     手術を行うのですけども…」
     b50704_icon_16「すでに癌が腹腔全体に広がっており、
     手の付けられない状態だったそうです。
     結果、殆ど何もせずに手術は終わったそうで」

     

     b36401_icon_52「無駄にお腹を開いただけで終わったそうよ。
     ちなみに、この当時逸見さんは
     まだがんが再発とも末期とも知らないわ」
     b36401_icon_49「奥さんが告知を依頼したそうだけど、
     ”信頼関係を崩すから告知しない”と
     断固として拒否されたみたいね」

     

     b50704_icon_10「海外の治療も予定がありましたが、
     先方から一方的に治療を
     キャンセルされたりもしたそうです」

    Sponsored Link

    @前田医師に抱いた不信感

     b36401_icon_52「不信感が募ってきた妻が、
     病院を変えると言う事を
     提言したそうなんだけど…」
     b36401_icon_49「逸見さんは前田医師を
     全面的に信頼していたそうで、
     口出しするなと激怒したそうよ」

     

     b50704_icon_10「当時はセカンドオピニオンが
     まだ一般的では無かった頃でした。
     義に反するという考えかもしれません」

     

     b36401_icon_52「そして三度目、体調が
     相変わらず体調優れない彼は、
     前田医師に手術依頼をしたそうだけど…」
     b36401_icon_49「夏休みに入っているから、と
     断られ副院長が手術する方針になったそうなの。
     またアメリカ治療取りやめの件もあって…」

     

     b50704_icon_8「ついに逸見さんも不信感を抱き、
     東京女子医科大学病院で診断を受け、
     ここで初めて告知を受けたそうです」
     b50704_icon_10「どすいてこんなになるまで
     放っておいたのですか、と……。
     この時が9月でございました」

     

     b36401_icon_49「ここで例の記者会見。
     彼が余命いくばくもない事が、
     世間に告知された形になるわ」

    @三度目の手術

     b36401_icon_49「ここからは前田医師の手を離れるわ。
     同月に東京女子医科大学病院で
     13時間の大手術を受けたの」

     

     b50704_icon_10「大量の臓器を摘出した手術でしたが、
     術後の一か月は経過は順調でしたが、
     一か月過ぎた頃に彼は腸閉塞を発症します」
     b50704_icon_8「順調であったのはここまで。
     絶食の点滴生活となり、彼は徐々に衰弱。
     10月末、寒くなり始めた時期でした」

     

     b36401_icon_49「そんな状態だったけれど、
     11月上旬に抗がん剤治療を再開。
     副作用でみるみるうちに彼は弱ったわ」
     b36401_icon_52「…がんと闘うと会見を行ってから、
     たったの2か月の話だった。
     体重は50kgを下回っていたそうよ?」

     

     b50704_icon_10「12月、無情にも…
     再手術は不可能、年を越すのは厳しい、と
     奥様に最後通告がされたそうです」
     b50704_icon_16「言葉通り…最初のがん発見から
     341日後、末期にスキルス製胃がんのため、
     12月25日のクリスマスに彼はこの世を去りました」

     

     b36401_icon_49「記者会見で一年で死ぬつもりはない、
     そう言ってから、たったの3か月。
     世間は、凄くざわついていたわ…」

    Sponsored Link

    あとがき

    @医者は誤診だったのか?

     b36401_icon_52「前田外科は勿論のこと、
     彼が最後を迎えた病院であった、
     東京女子医科大学病院も批判を受けたわ」

     

     b50704_icon_10「焦点は2つ、9月の大手術と
     11月の抗がん剤治療再開に
     ついてでございますね」
     b50704_icon_8「11月は腸閉塞で弱っていたところでの
     再開でございましたので、
     弱るのが目に見えていた、と言う事ですね」

     

     b36401_icon_49「結果的に寿命を縮めた、とも
     言われているわね。
     でも、この辺何とも言えないのよ」
     b36401_icon_52「もうすでにどうしようもなかった。
     …そんな可能性は高いわね」

     

     b50704_icon_10「9月に関しても同じようなもので、
     末期も末期であるのにどうしてこのような
     大手術を受けたか、と言う事でございます」
     b50704_icon_8「臓器を大量に摘出した手術でございまして、
     体の負担はとても大きいものだったでしょう。
     だからこその、なぜ、受けたか、でございます」

     

     b36401_icon_49「少なくとも手術を受けていなければ、
     根治は無理でも延命は出来た、という話ね」

     

     b50704_icon_10「個人的には、彼が最後まで
     癌に抗う事を決めたからこその
     選択だと思うのですよ」
     b50704_icon_10「彼は会見で、死ぬつもりはないと、
     力強く仰っていましたので」

    @あとがきのあとがき

     b36401_icon_52「9月以降はこんな所だと思う。
     正直前田外科は擁護できない。
     …すべてが真実かもわからないけれど」
     b36401_icon_49「まだ幼稚園だとかそんなレベルだったけど、
     当時何となく前田外科はやり玉に
     上がっていた気はするわね」

     

     b50704_icon_10「今のご時世ですと、
     大炎上は間違いないですね…」

     

     b36401_icon_49「この逸見政孝さんの闘病で、
     スキルス胃がんと言う言葉も広まり、
     大きく認知されることになったわ」

     

     b50704_icon_10「こうして今日に至ります。
     今、世間的に注目されているのは
     小林麻央さんでございますが…」
     b50704_icon_10「当時の逸見政孝さんは、
     麻央さん以上に注目されたいたように思えます。
     ネットも無い時代でしたのに」

     

     b36401_icon_49「一般新潮社から見れば、
     8月までテレビに出ずっぱりな人が、
     9月に末期告白だものね」

     

     b50704_icon_10「ええ、本当に衝撃的でございました。
     世が世なら、麻央さん以上に
     大騒ぎになっていたでしょうね」

    Sponsored Link

    キャラクター紹介/各絵師様
    白石家6姉妹

    b31622_icon_115ゆいb39811_icon_7ゆまb29042_icon_14ゆめね
    b36401_icon_49りるかb50704_icon_10くるみb36667_icon_24ゆきの

    300記事目からの追加人員

    かすがb33891_icon_21のんちゃんb71910_icon_6りんちゃん37563_d10702_ic
    96845_d19151_icひよちゃん31993_d10793_icなっちゃん

    この記事に使用されているのは
    『TW2シルバーレイン』『TW4サイキックハーツ
    』のイラストです。

    使用権はイカ野郎、著作権は各絵師様(*1を参照)

    全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
    【キャラクター別イラスト作成者(*1)】
    白石リルカ:山岡鰆/総裕/あにゅ/日辻/三石マメ太/京作/景山黒兎/たぢまよぢかづ
    白石ゆい:hisasi/lilium  ◆白石由真:山鳥おふう/みき冬麻/日辻
     ◆白石夢音:風音昴/5G/縞海すずめ/RAW/総裕
    白石くるみ:えの  白石雪乃:茶/あにゅ
    のんちゃん:三石マメ太/一二戻 春日ちゃん:神谷/lilium

    りんちゃん:颯/吉江ユタカ 
    なっちゃん:れんこ/中谷サリー/綾にしき/中谷サリー
    ひよちゃん:三石マメ太/景山黒兎/東原史真/せと

    株式会社トミーウォーカー
    シルバーレイン(終了)
    サイキックハーツ(現在稼働中)
    ケルベロスブレイド(現在稼働中)