65315_200904170565779001239953343c
    毒舌芸人として今も活躍中の有吉弘行さん。
    性格が悪いイメージを持たれがちですが実際どうなの?
    有吉弘行が性格悪すぎは嘘で演技?あだ名で泣いた女優は共演NG?
    ズバッという点は見習いたいんですけどね。

    スポンサーリンク

    今や大物、有吉弘行

    yuma_3
    おっす、由真だぜ。

    アタシさぁ、電波少年フリークで
    ガキの頃からずっと見てたんだわ。

    まだ伸び切れないキャイーンとかが
    出ていた頃から、ずーっとだぜ?

     

    で、有吉…っていうか
    当時の猿岩石が有名になったのが

    ヒッチハイクの旅だったんだよな。

    その後にドロンズやらパンヤオやらも
    旅に出ていたりはするんだが…。

    やっぱり猿岩石のイメージは強い。

     

    でもな、正直その頃だな?

    ガキの頃だからハッキリ覚えてないのもあるが、
    “有吉って今みたいなキャラだった?”と思うんだ。

    旅してるんだから、余計に素が出るハズなんだけど
    全く持って暴言吐いてたイメージがない。

    だから、ちょい気になるんで
    調べてみるって感じだぜ。お付き合い宜しく。

    スポンサーリンク

    有吉弘行について考える。

    頂点からどん底、そして復活

    yuma_6
    wikiにも書いてるんでな。

    さらっと説明するけどもな…
    有吉の最初のブームは1996年の電波少年の頃。

    企画でヒッチハイクで大陸横断と言う
    無茶な企画をやり遂げたからになる。

     

    ほんで、帰国後は歌CD出したりと
    各所で引っ張りだこで月収2000万だったんだと。

    ただ、芸がないので一瞬で飽きられた。

    肝心のお笑いが面白くなかった事や、
    本人たちが多少調子に乗っていたところもあったらしくて、
    ブーム後はあっという間に消えて言ったぜ。

    記憶が正しければ1年持たなかったと思う。

     

    んで、軽く復活したのが猿岩石解散で
    2004年にピン芸人として活動を始めた頃。

    この時は内Pにちょこちょこ出るくらいだったが、
    体を張ったリアクションで復活の兆しが見え始めていた。

    有吉は「内村のお陰」と復活の事を語ってるぞ。

     

    本格的なブレイクが2007年のアメトーク。
    品川祐をお喋りクソ野郎と呼んだところから。

    これが爆笑を産み番組流行語大賞に。
    以降、毒舌芸人としてブレイクし現状に至る。

    今は何というか、毒舌を生かして
    笑いと言うよりMCが多い感じだな。

     

    復活からの需要はなぜ?

    さて、前途の理由でブレイクを果たした彼は、
    “あだ名需要”としてアメトーク中心に活躍。

    調べていて運が良かったな、と思う所は
    あだ名が“酷いあだ名”であった事だな。

     

    歯に衣着せぬそのあだ名はつけ方は、
    同時に”毒舌”や”いじり”キャラとしても
    個性が確立することになった。

    確かに居るには居たが、
    リアクション芸人が多い現状を考えると
    全体的に数が少なかったと思える。

     

    また、そう言った主張が強いという事は
    場の空気を操る事も出来る、と思うんだ。

    つまり、主導権が握れるという事だな。

    明石家さんまにしろダウンタウンにしろ
    干されたが島田紳助にしろさ?

    全員、容赦ないツッコミが言えるタイプだ。

    またこの域には彼は達していないものの、
    貴重な”キャライメージ”を獲得できたと考える。

    スポンサーリンク

    有吉弘行の性格は悪すぎなのか?

    毒舌の裏はナイーブ説が強い

    yuma_n2
    さて、昔はそんなキャラでも無かったし、
    復活した時も最初は体張ってただけ。

    偶然出たアメトークでの暴言が
    今の人気に繋がっている、まさに天啓だ。

    多少箇条書きマジックもあるし、
    あくまでネット調査だけどこんな情報もある。

     

    ・根っから明るい人間は苦手

    ・尋じゃないくらいの人見知り

    ・打ち上げは酒飲まないと喋れない

    ・毒舌を吐いた女性へ番組後は謝罪

    ・陰でじゃ気を使った差し入れも欠かさない

    ・プライベートでは陰口を言わない

    ・自分がされて嫌な事はしない

    ・ヒトの顔色は常に窺っている

    ・お腹開けてみるとストレスだらけ

    ・疲れているときはパンダを見に行く

    ・ロンハーで過激なロケの時は他に仕事いれない

     

    Twitterでもちょこちょこ言われているが、
    あくまで根っこは臆病だし真面目説が強い。

    強い人に噛みついたりもしなければ、
    なんだかんだ自分の境遇に他人を重ねてることは多い。

     

    「世の中に溢れる一発屋芸人、
     一発屋のくせしてやめればいいのに」

    みたいな怒り心頭でのお手紙に対して、

    「なろうと思ってやってんじゃねえ、
     皆お前なんかよりよっぽど努力してんだ」

    …と、かなり真剣に怒っていたりする。
    有吉が言うと説得力が凄すぎるよなコレ。

     

    共演で女優を泣かした噂は?

    泣かしたと噂されているのは菊川怜。

    まだ”あだ名芸人”の側面が強かった頃の、
    2008年11月の”悪魔の契約にサイン”という番組。

    付けたあだ名は
    「行き遅れ」「人生ラストチャンス」

     

    こんなあだ名を付けた訳なんだが、
    なんと菊川怜は番組中に泣いてしまったそうだ。

    当然、ウケていた中でこれだから番組はしらける。

     

    曰く、

    「さっき言われた悪口がムカついて」

    ……だそうで。

    MCの加藤浩次が有吉に
    促して謝罪させたそうだが…

    菊川怜は”心無い謝罪”と
    どうも受け取ったそうでな。

    「ムカつく!」

    …と彼に言い返したそうだ。

    そして有吉も

    「こっちも仕事なんだよ!」

    キレ返した、みたいな顛末が載ってる。

     

    正直なところ、そもそも有吉が出ている時点で
    毒舌言われるのは解っていた事なんだよな。

    2008年と言えばあだ名最盛期の頃だし。
    わかってたんなら出るなって話なんだ。

     

    番組上の演出と思いきや
    加藤も後に苦笑いで振り返っている事から、
    どうもガチっぽいんだよなこれ。

    どっちかと言えば仕事と割り切らずに泣いた
    菊川怜が悪い、みたいな流れに今はなってるかな。

    ちなみに、共演NGだそうで。

     

    「仕事って大変だな」

    あとがき/性格や毒舌は演技かも?

    yuma_n2
    …アタシが一連を調べてて、
    感じたのは“虚構の性格”だなあ。

    一度どん底を味わったゆえに
    余計にナイーブさと悟りが同居している気がする。

    “今のキャラじゃないと生きられない”と。

     

    正直言ってだな、今の有吉を考えるに
    あっちこっちに“真面目エピソード”
    転がっているのがちょっと不思議ではある。

    今のキャラを考えるに、
    イメージと異なるから伏せなければいけない事。

    番組の端々でそれが出ているから、
    隠しきれないのかな、なんて思ってみたりして。

     

    そもそも性格が悪い上に横柄なら
    業界なんかとっくに干されててもおかしくないんだよな。

    先輩や大物にまで強烈なあだ名付けてるもん。

    和田アキ子に「リズム&暴力」
    中尾彬には「フレンチブルドック」

    素なら干されてもおかしくないような暴言はいてる。

    それが許されているのは、根っこに
    気遣いや裏での行動が出ているんだと思うな。

     

    一度どん底を見たからか、

    “強いものには逆らわないしヨイショする”
    …みたいなお話も、どうもあるみたいだぜ?

    番組上では当然これは見れないから、
    裏で色々やってるんだろうなと思った。

     

    最近はあだ名ブームも過ぎ去って
    ただのMCとして番組仕切ってる事多いからな。

    一時期は毒舌をやりすぎて
    “精神的につぶれるのではないか”と思われていたみたいだが、
    今はピークは過ぎたかな、とも思うぜ。

     

    今後はMC路線で頑張って欲しいよな。

    そう言う事でアタシはこいつ嫌いじゃないから、
    ちょっと好意的に今回は書いてみた。

    それでは以上だぜ!

    スポンサーリンク


    【動画ニュースもやってます】
    douga2

    【スポンサーリンク+関連記事】