IMG_0044-540x360

    漫画家の小路啓之さんが10月20日、奈良県の病院で亡くなりました。
    自転車による事故が原因とみられ、作品を連載していた集英社にも確認したところ、
    亡くなったのは小路啓之さんで間違いないとのこと。46歳でした。

    出典:ねとらぼ

    Sponsored Link

    [colored_bg color=”light‐blue” corner=”sq”]知る人ぞ、知る?[/colored_bg]

     b39811_icon_1「まずはご冥福をお祈りいたします。
     故人の事を記事にしてしまって、
     本当に申し訳ないと思う」

     

     b36401_icon_49「そう言う事で小路啓之さんよ。
     知る人ぞ知る、と言った感じの漫画家さんね」

     

     b39811_icon_7「少なくとも、俺マンガ読むんだよねー!
     ワンピースとかマジいいよねー!!
     とかいう奴は、知らん漫画家だ!」
     b39811_icon_8「そして…あたしも知らん!
     って言うかだな!!」

     

     b36401_icon_23「何よいきなり。
     え、まさか、キレるの?」

    Sponsored Link

    [icon image=”check3-r”]小路啓之さんを調べるぞい。

    @あのさあ。

     b39811_icon_6「まぁ多少出遅れたもんでな?
     ぽそぽそとよそのブログが書いてんだ」

     

     b36401_icon_49「うん。
     あ、うん、またよその事をいうのね。
     (絶対これキレるわね)」

     

     b39811_icon_8「知らねぇなら知らねぇって書けよ!
     逆に失礼だっての!!」
     b39811_icon_8「何がジャンプに連載していた
     犯罪王ポポネポで有名な人!だよ!
     ちゃんと読めよジャンプ改だぞ!!」

     

     b36401_icon_52「いや、まぁ。うん。
     知ってる人から見ると、
     そこそこ有名だったらしいわ」
     b36401_icon_49「月刊誌で4巻まで出てるから、
     そこそこ頑張った方じゃない?
     単行本、年ペースだと思うし」

     

     b39811_icon_1「2011年~2013年連載とあるな。
     絶対これ、ジャンプだったから
     とりあえず言っただけだろ…?」
     b39811_icon_8「ちなみにジャンプ改は
     2016年10月に最終巻が出て、
     雑誌自体が消えてるな、と補足」

    Sponsored Link

    @プロフィールと軽く事故振り返り

     b36401_icon_49「しょうじ・ひろゆきさん。
     旧名義は大塚康生さん。
     1970年産まれの享年46歳」
     b36401_icon_52「ちばてつや賞準大賞を
     97年に受賞して鳴り物入りでデビュー。
     新人賞もいくつか取った、んだけど」

    イハーブの生活(『月刊アフタヌーン』、全3巻)

    かげふみさん(『GENZO』、全3巻)

    小路啓之作品集

    来世であいましょう(『コミックバーズ』、全4巻、幻冬舎コミックス)

    ごっこ(『スーパージャンプ』及び『グランドジャンプPREMIUM』、全3巻、集英社)

    犯罪王ポポネポ(『ジャンプ改』、全4巻)

    束縛愛 〜彼氏を引きこもらせる100の方法〜(『ヤングチャンピオン烈』、全2巻)

    メタラブ(『月刊モーニングtwo』、全3巻)

    雑草家族(2016年4月 – 『ミラクルジャンプ』)

    10歳かあさん(2016年8月 – 『月刊コミックフラッパー』)

     b39811_icon_1「掲載誌を見る限り、
     中堅どころって感じ。
     一般人は知らないと思う」

     

     b36401_icon_49「現状も二つ連載持ってたけど、
     永遠の未完結になってしまったわね」

     

     b39811_icon_6「うむ。某ワンピースとかみたいな
     夢の印税生活とは程遠いが、
     漫画で食えるレベルの連載はあったっぽいな」

     

     b36401_icon_52「ロクに掲載も何もなくて、
     食えない漫画家なんて一杯いるものね」

    一見レトロ感のある無国籍風な世界観を舞台にしている。

    どこか精神を病んだシニカルなキャラクターが多く登場している。
    また、極めて内向的な面を持つキャラクターを主人公にすることも多い。

     

     b39811_icon_1「病み系か…。
     そう言うの、案外描いてる人は
     明るかったりするんだよな」

     

     b36401_icon_52「家族や子供は解からなかったわ。
     年齢を考えればいそうな気もするけど、
     漫画家、未婚も多いしね…」

     

     b39811_icon_1「とは言え家族にサイクリングに行く、
     …と、言っていたそうだから、
     家族は妻や子供だと思うぞ?」

    Sponsored Link

    @事故を振り返りかえってみる。(追記途中)

     b36401_icon_49「事件があったのは、奈良県御所市城山台。
     国道24号わきの歩道で倒れていたらしいわ」
     b36401_icon_49「顔から血を流して倒れていたらしいの。
     乗っていた自転車は
     リカンベント型の自転車」

    python01

     b39811_icon_1「…クッソ目立つなこの自転車。
     楽そうだがいざという時
     ハンドルとか切れんのこれ?」

     

     b36401_icon_49「ハンドルが伸びるみたい。
     背もたれがあるって楽よね」
     b36401_icon_52「ただ、急に加速した場合、
     普通の自転車よりは制御が厳しいみたい」

     

     b39811_icon_1「現場は下り坂を終えた平らな場所。
     接触のような跡はないって事から、
     スピード超過の転倒と見ているらしいぜ」
     b39811_icon_3「恐らく帰りの道で、
     SNSに和歌山土産の写真を
     アップロードしていたとか…」

     

     b36401_icon_49「それだけ聞くと
     フラグ立ててたように見えるわね…」
     b36401_icon_57「頭部から出血と言う事は、
     やっぱりヘルメットしてなかったのかしら」

    [icon image=”check3-r”]あとがき

     b39811_icon_1「普段見ない自転車だし、
     やっぱ自転車が趣味だったんだろうなあ。
     たまにいるじゃん、バッチリ漕いでる人」
     b39811_icon_3「目撃者もいないってことは、
     周囲にその時人影は
     無かったって事になるぜ?」

     

     b36401_icon_49「つまり、スピード出し放題の
     状態だった、と。それで超加速で転倒。
     …と考えるのが、一番自然かしら?」

     

     b39811_icon_1「うむ、自分の腕への
     過信が招いた結果かもしれんな…」

     

     b36401_icon_52「全く関係ないけど、
     ちょっと珍しい亡くなり方だから、
     臼井義人さんを思い出しちゃったわ」
     b36401_icon_49「あっちの方が、
     なんだか不可解な事は多いけどね…。
     確かがけ下に転落だったかしら」

     

     b39811_icon_6「うむ、事故か自らか。
     その辺が散々論議されてて、
     結局うやむやだった気がする」
     b39811_icon_1「ともあれ、あれだよ。
     突然すぎる死はな、悲しむ暇もなく
     対応に追われちまうんだよな…」

     

     b36401_icon_49「すべてが終わった後、こみ上げてくるのよね…。
     この度は本当にご愁傷さまでした。
     小路啓之さんのご冥福をお祈りします」

    Sponsored Link


    【動画ニュースもやってます】
    douga2

    【スポンサーリンク+関連記事】