ヤバイの?桜島、今年43回めの爆発的噴火。

    Sakurajima55

    1日午後3時35分ごろ、桜島(鹿児島市)の昭和火口で爆発的噴火があり、噴煙が高さ4100メートルに達した。爆発的噴火は今年43回目で、噴煙の高さは最も高い。大きな噴石が火口から約500~800メートル飛んだ。
    出典:産経ニュース

     
    b39811_icon_4「ちょっと前に阿蘇山が活性化したと思ったら
     今度は桜島かよ…!

     

     b36401_icon_49「うん、ニュース見た時はそう思ったんだけど、
     少し調べてみたら認識が違ったみたいなの」

     

     b39811_icon_3「ん? どー言う事だよ?」

    スポンサーリンク

    まず噴火警戒レベル3の危険度を知ろう。

     b39811_icon_1「今回噴火警戒レベル3なんだろ?
     何だか物々しい感じがするが…?
     入山規制とかヤバくね?」

     

     b36401_icon_49「ん。今回の噴火警戒レベルは3、警報レベルね。
     生命に危険を及ぼす火山活動発生、
     居住地域の近くにも危険が発生するおそれがある

     

     b39811_icon_6「なんだよ危ないじゃないか?」

     

     b36401_icon_49「んや、読んでるとコレね…
     まだ災害時要援護者の避難準備が
     行われる可能性もあるってレベル。今すぐどうこうではない
     b36401_icon_52「これがもうワンステージ上がった4になると、
     特別警報って扱いになって援護者は避難。
     他の住民は避難準備ってレベルになるの」

     

     b39811_icon_1「ふむ。ちなみに災害時用援護者っつーのは
     障がい者とか傷病者とか高齢者とか妊婦とか…
     単純に言うと逃げ遅れる可能性が高い人たちのことな」

     

     b36401_icon_49「でも今回の警報レベルはあくまで3なの。
     大々的に取り上げられているけど、
     直ちに危険はないみたい?

     

     b39811_icon_6「なるほどなぁ…」

    スポンサーリンク

    噴火警戒レベル3は日常茶飯事?

     b36401_icon_49「桜島ってね、1年ほぼ休む事無く
     爆発しているらしいの。曰く噴火は日常
    b36401_icon_52「”爆発的噴火”だけで今年43回めと言うことだから、
     其れ以下の噴火はもっとあったって事よね。
     その辺りから察してくれればと思う」

     

     b39811_icon_1「もう煙は上がってるのは慣れっこってことか…
     そういえば周辺地域の天気予報には
     降灰予報なんかもあるんだっけか」

     

     b36401_icon_49「そうそう。でね、桜島の警戒レベルは
     ほぼ一定で3を維持しているらしいの。
     たまに2や4になるけど基本3よ」

     

     b39811_icon_6「つまり、噴煙4100mとか言う
     物々しい報道だが
     警戒レベルは平常運転ってことか」

     

     b36401_icon_49「うん、火口から2kmのレベルで警戒とあるけど、
     常にレベル3なんだから
     付近は元々誰もいないんじゃない?

     

     b39811_icon_1「なるほどなぁ。
     常に3なら誰も寄り付かねーわな

     

    b36401_icon_52「そういう事ね。
     とは言え噴石が500mも飛んだとか見ると
     やっぱり怖いけどね…」

     

     b39811_icon_4「当たったら多分死ぬよなぁ。
     日常がそれって凄いわ…

    火山活動関連→
    阿蘇山が噴火するとどうなるの?

    スポンサーリンク

    Illustrator by 山岡鰆/山鳥おふう
    詳細はページのフッターを御覧ください。

    他記事など